特定調停の申立ての前に?

特定調停の申立ての際には、何が必要になってくるのでしょうか?
ぶっつけ本番で手続きをする前にこのページでどのようなものが必要なのか把握して下さい。

特定調停を申し立てる前に

特定調停を行う時には、決められた必要書類を提出しなければなりません。

その書類としては、

  • 契約書、ATM、CDの利用明細書など
  • 相手方の一覧 借入先、住所、電話番号、借入残高、契約日など。
  • 直近3ヶ月分の給料明細など。
  • 家計簿
  • 住民票や戸籍謄本など
  • 印鑑
  • 身分証明書
  • 呼出状

必要なものとして、書きましたが、「契約書なんて、もう手元にないよ!」という人も多いのではないでしょうか? その様な方は、というよりそういう方のほうが多いのですが、借入先に契約書のコピーを送るように連絡を取りましょう。

また、相手方の一覧の借入先の住所ですが、本社の住所ではなく、あなたが契約した店舗になります。

家計簿ですが、正直に書くようにしましょう。またできるだけ正確に書いておいた方が良いです。
調停員は、この家計簿を見て、返済計画を立てることになります。無理な計画を立てると、後で困るのは自分自身です。 なお、特定調停で決まった毎月の返済金額が支払えないと、いきなり強制執行となりますので、十分、考える必要があります。

いろいろ書きましたけれど、個人の方が特定調停を行う場合には、簡易裁判所で作っている上記のテンプレートをもらうこともできます。 こうした資料を基にあなたが特定債務者である事を証明し、今後の返済計画を調停員の人と一緒に考えていくのです。正直に書くようにしましょう。そして、漏れのないようにしましょう。

後日、簡易裁判所でもらえる資料一式を公開しますので、参考にして下さい。