自己破産だけが債務整理じゃない!特定調停で借金を減額し、毎月の返済の負担を楽にしよう!

特定調停とは

特定調停とは?

民事調停手続きのひとつである特定調停は、多重債務により返済が滞りがちになった段階で利用できる制度で、現在の借金の減額により3年を目安として完済することを目指しています。

特定調停の概要を説明していますので、まずご覧ください。

特定調停を利用できる人

多重債務であり、今後、破産の恐れのある人で定期的に収入がある人であれば利用することはできます。
このページでは、特定調停が利用できる人について触れています。

特定調停の申し立ての前に

手続きを取るには、裁判所に書類を提出することから始まります。
必要書類について、説明しています。

特定調停の手続きの流れ

特定調停の申し立てから調停、和解、その後の返済とどのような流れで進んでいくのかを説明しています。
またその時のポイントにも触れています。

特定調停の申し立てについて

裁判所に書類を提出することが調停スタートの第一歩です。
必要書類を揃えて、提出しましょう。また分からないことがあれば、その場で聞いても親切に教えてくれるので安心してください。

調停について

債権者との交渉ですが、これは調停委員の方があなたに代わって行ってくれます。
どのような流れで調停が進むのか、流れなどを詳しく説明しています。

和解について

調停後に作成される調停調書。
また調停後の返済や気をつける必要のあるポイントなどを説明しています。

みなし弁済について

特定調停の流れとは直接関係あるものではありませんが、みなし弁済という規定もありました。ちなみに貸金業法が改正され、みなし弁済そのものがなくなりましたが。

余談ですが、目を通してみるのも良いかもしれませんね。