自己破産の手続き方法や条件、メリット・デメリット、その後の生活(クレジットカード)などを解説。

特定調停のデメリットについて

引き直し計算をすることで借金を大幅に減らすことができ、その借金も将来利息をカットする形での返済で終わらすことができるという大きなメリットを持った特定調停ですが、その反面、デメリットが全くないわけではありません

借金の大幅減額と利息のカットで受ける不利益について

特定調停も債務整理の手段の一つになります。

債務整理には、このサイトで紹介している特定調停の他に、弁護士が借金を減らす交渉を行ってくれる任意整理や民事再生、みなさんがよく耳にする自己破産といった数々の方法があります。

その債務整理を行うとある共通のデメリットというか、ある種のペナルティを受けなければなりません。
それがブラックリストに登録されるということです。

ブラックリストに登録されるので新規借入やカード作成は不可能に!

特定調停を行って5年間は、ブラックリストに記録が残ることになってしまい、別の会社でクレジットカードを作ろうと思ったり、カードローンの申し込みをしたとしても審査落ちすることになります。

つまり、新たにお金を借りるということができなくなるというペナルティ(デメリット)を受けることになるのです。

借金で苦労して、特定調停でようやく借金の減額で返済ができる道筋が立った訳ですからすぐにお金を借りようとは思わないでしょうけど、一応、デメリットあるということは伝えておく必要があると思いましたので、記事にしました。

それをふまえて特定調停に望んでもらえたらと思います。